<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

6月点描

梅雨の真っ最中。
石巻専修大学のキャンパスの紫陽花が、しっとりと雨に濡れています。
b0082977_2265598.jpg



6月5日、東京から桐朋の内藤芳宏先生が石巻に来られました。
桐朋女子中学・高等学校は、私が教師として初めて勤めたところ。
今でも、多くの先生とお付き合いさせていただいています。
内藤先生は、社会科の担当で、人一倍、生徒たちのことをおもいやる熱血教師です。
先生をご案内した日和山にて。
b0082977_247079.jpg


また、およそ6年ぶりで、東京からエジプトのオサマ君が石巻に来ました。
NHKの国際放送を担当していることから、ディレクターとともに、
ラジオ石巻に取材にやってきたのです、

私はここ3年ほど「カタカナ語 再発見」という番組を担当していて、
その収録でラジオ石巻に行き、オサマ君と会いました。
スタジオでの収録風景です。
b0082977_2343932.jpg

パーソナリティの高橋幸枝さんをまじえて。
b0082977_2491981.jpg


番組のパートナー・武山未来さんが東京に移るため、
6月28日は彼女との最後の収録となりました。
お名残惜しいかぎりです。
センチメンタルにツーショット。(美女と野獣?)
b0082977_2392361.jpg

[PR]

by ha-ppyone | 2011-05-29 02:21 | 石巻・四季折々  

大学 2ヶ月遅れの入学式

5月22日、例年よりも2ヶ月近くも遅く、入学式が挙行されました。
いや、やっと入学式までこぎ着けたと言ってもいいでしょう。

手前味噌ですが、今年度、国際交流センター長の辞令をいただき、
初めて、ステージの「ひな壇」に並びました。
緊張している自分の表情に笑ってしまいます。
b0082977_5471625.jpg

b0082977_5483819.jpg

b0082977_5491254.jpg

b0082977_5493476.jpg

[PR]

by ha-ppyone | 2011-05-26 05:41  

復興に向かって(その1)

5月に入り、日の光もだいぶ明るくなってきました。
新緑も目にしみます。

そんな土曜日(7日)、私の所属する石巻NPOセンターの主催でイベントが催されました。
その名も「がんばろう石巻!市民広場」

澄み渡った五月晴れのもと、テントを張り支援物資を運ぶのも心が弾みます。
前回と同じ駅前の広場ということで、大勢の人々が集まりました。

支援物資を求めて多くの人が列をつくりました。
b0082977_159216.jpg


b0082977_212244.jpg


ステージでは、津軽三味線の3人組ユニット「祭」による演奏。
若さあふれる、素晴らしいサウンドとパフォーマンスでした。
b0082977_241954.jpg


北村悦郎・副市長の挨拶のあと・・・
b0082977_28932.jpg


主催者を代表して不肖大津が各方面に御礼のご挨拶と「がんばろう石巻!」の一言を。
ちょっと照れました。
b0082977_2155313.jpg

[PR]

by ha-ppyone | 2011-05-20 01:46 | 石巻・四季折々  

少しずつ、少しずつ、光に向かって(石巻発4)

 4月最後の土曜日の朝、日和山にいつものウオーキングに。
 つい一週間前まで満開だった桜も散り始め、緑色が広がり出していました。
 頂上にある神社にお参りを済ませ家に帰ろうとしたら、桜の花を眺めている外国人青年を見かけました。
 「おはようございます」と声をかけたら「おはようございます」と笑顔がもどってきました。 
 聞けば、青年はデンマークから休みをとって宮城にやってきたとのこと。他の何人かの外国の人といっしょにボランティア活動をしていると語ってくれました。
 「今日、10時からコンサートをします。ぜひお出でください」
  これが、そもそもの出会いでした。

 10時に会場に。いつも何気なく通り過ぎているバプテストの教会の前でした。
 次のような張り紙が目に止まりました。
  
b0082977_23122868.jpg


 説明はもういらないでしょう。
 歌とサックスとバイオリンとエレピアノの清らかな調べにーー
 その the sound of music に魅了されながら撮った写真を掲げます。

  
b0082977_23161410.jpg


  
b0082977_2317688.jpg


  
b0082977_23201941.jpg


  
b0082977_23205492.jpg

    ラストは「見上げてごらん夜の星を」。聴きながら目頭を押さえる人たちも

  
b0082977_23234089.jpg

    新鮮な野菜も並びました

  
b0082977_23242568.jpg

    コンサートのあとは、皆でお昼を
 
  
b0082977_23255345.jpg


  
b0082977_2327028.jpg

  
  
  僕は仏教に帰依するものです。
  これまで、キリスト教には一定の距離をおいてきました。
  しかし、こと、このような音楽によるpresentation 、
  人々との心の交流に関するかぎり、キリスト教には脱帽せざるを得ません。
  
  賛美歌の伝統があるからでしょうか、ゴスペルは、とにかく、分かりやすく、
  だれでも参加でき、そして心に響く・・・
  僕自身、聴きながら涙が流れてなりませんでした。
 
  お経も、唱えようによっては、清澄な響きを奏でますが、一般の人々の心には、
  なかなか届かないようです。

  この日、僕は何にもお手伝いをしませんでした。
  でも、歌の輪に加わり、共に歌うことで自分自身、元気をもらいました。
  久しぶりで澄んだ気持ちになって家路につきました。

  

  
b0082977_2341346.jpg

  
  震災後、荒涼としていた北上川の岸辺も、若葉で色づき始めました。
  日本各地、いや世界中の皆さんの優しさによって、
  石巻は、少しずつ、少しずつですが、光に向かって歩んでおります。
 
  皆さん、ほんとうに、ありがとう!
[PR]

by ha-ppyone | 2011-05-08 23:50